鼻炎に関してのお役立ち情報満載サイト

鼻炎薬とは?

鼻炎薬の中心的な薬物は経口抗ヒスタミン薬です。
急性の閉塞症状がある場合は血管収縮薬を用いることもありますが、薬剤性鼻炎の原因となるため、使用は1週間程度にとどめます。

 

また点鼻薬は基本的に鼻中隔に当てないように鼻の外側に噴射します。特に血管収縮薬、ステロイドでは鼻中隔穿孔が報告されています。

 

『抗ヒスタミン剤』塩酸ジフェニルピラリン、メキタジンなど
くしゃみやかゆみを緩和する作用の他、鎮静作用もあるので体のだるさを感じることもあります。

 

『抗アレルギー剤』クロモグリク酸ナトリウム、エメダスチンフマル酸塩などアレルギー反応による化学伝達物質の放出を抑制し、症状を改善する。

 

エメダスチンフマル酸塩・ケトチフェンフマル酸塩は、抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、炎症抑制作用の3つの働きを持ちます。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

 

アレルギー性鼻炎と減感作療法

花粉症などアレルギー性鼻炎の治療法には、薬物療法やレーザー照射などがありますが、いずれの治療方法も対症療法という発作を抑えるだけの治療なので、根本的に完治するとはいえないのが現状です。根本的に完治できる可能性のある治療方法としては、現在のところ、免疫反応を抑える減感作療法だけといえます。

 

この減感作療法とは、体質を改善して発作を起こさせなくする方法です。この方法は、まず、アレルギーの原因となる「抗原」と呼ばれるものを特定する必要があり、その特定された抗原のエキスを、1週間に1〜2回のペースで、薄い濃度のものから次第に濃度を上げながら、注射するという方法です。濃度が維持量まで達すると、注射の間隔を延ばしながら、体質を改善していくというものです。 医療保険で使える抗原のエキスは、スギ花粉、ハウスダスト、アカマツ花粉、ブタクサ花粉、ホウレン草花粉、そば粉、絹、カビがあります。

 

この治療法には問題点もあります。第1に、アレルギーの原因となる物質を注射するため、体調などによって、喘息発作や蕁麻疹などの症状、まれにアナフィラキシーショックといわれる強いアレルギー反応が出てしまうことがあります。第2に、治療期間が長いため、定期的な通院が必要となり、決められた日には必ず注射を受けなくてはならなくなります。

 

アレルギー性鼻炎の薬

アレルギー性鼻炎の治療薬として、現実には完全にアレルギー性鼻炎を解決するものはないのが現状です。しかし、薬を使用することで、鼻炎の症状を和らげることは出来ますので、適切な薬を選ぶことを心がけましょう。

 

・抗ヒスタミン剤(内服薬)(レスタミン、タベジール、ポララミン、ペリアクチン、アリメジン、アタラックスP、ピレチア、セレスタミンなど)即効性はありますが、効果はあまり強ないのが特徴です。鼻水やくしゃみには効果があり、鎮静作用があるので、眠気を催すことがあります。

 

・抗アレルギー剤(内服薬)(ザジテン、アゼプチン、セルテクト、ニポラジン、ジルテック、トリルダン、リザベン、アレギサール、アイピーディなど)予防薬になるので効果が出るまで2〜4週かかります。抗ヒスタミン作用のあるものは、やや早く効き目があるが、眠気を伴うことも多い。

 

・抗アレルギー剤(点鼻薬)(ザジテン、リボスチン、インタール、など)鼻粘膜に直接作用するので、飲み薬よりは即効性が期待できます。眠気は、飲み薬に比べて少なくとても比較的利用がしやすい。

 

・局所ステロイド剤(点鼻薬)(アルデシン、リノコート、ベコナーゼ、など)やや即効性でだいたい1〜2日で効果が現れる。効果は比較的強く、鼻水やくしゃみ、鼻閉にも有効です。

 

・局所血管収縮剤剤(点鼻薬)(プリビナ、ナーベルなど) 即効性で、鼻粘膜のむくみをとって、鼻づまりの症状を改善します。